元モデルが教える小顔ダイエット > 小顔ダイエットの方法 > シェーディング
小顔ダイエット

シェーディング

シェーディングとは

シェーディングとは顔の輪郭部分に当たるフェイスラインに影色をつけるメイク方法のことであり、これを実践することで立体感が出てきて小顔に見えるのです。
この方法を実践する際には一度シェーディングパウダーと呼ばれるものを購入しなくてはいけません。
商品を購入する際にはベージュか淡いグレー色の方が見栄えが良くなりますから、このような道具を探しましょう。
ブラスのサイズはなるべく大きいものにした方が効率良く始められますので、こちらの方も同時に購入しておいて下さい。
無事必要な道具を手に入れた後はこめかみからエラの部分にかけて影を入れるのですが、この時なるべく手の力を抜いて軽く撫でる感じで処理を始めます。
次に顔の生え際の部分にもカラーを入れて面積を小さく見せるのですが、ブラシを横に動かしてエラの部分より若干濃い目に入れると良い仕上がりになります。
後は小さめのブラシを使って鼻筋の脇の部分に車道を入れると全体がメリハリの感じる顔になりますが、濃く入れるときつく見えるので軽く入れるようにしましょう。

シェーディングを始める際のコツについて

シェーディングは化粧の方法の中でも効果が高いやり方なので強調しすぎると不自然に見えますから、鏡を見ながら処理を続けた方が良いです。
またシェーディングを入れる際には顔の外側から内側に向かって入れた方が綺麗にまとまるので、こうした基本を常に意識します。
フェイスラインは外側の部分が暗くならないと逆に顔が大きく見えるので、暗く変えたい部分から明るくしたい部分に向かって乗せます。
不安な時は一度シェーディングを実際に始めた方の画像を参考にし、どのような仕上がりになるのが理想的なのか理解することでトラブルを避けられるのです。
前もって画像を印刷することで処理を始めながら完成図をイメージ出来ますから、このような下準備をきちんと整えておくことは珍しくありません。

トップページへ